Return to site

七つの茨道:世界観

· 設定,七つの茨道

七津野市

壱華が作り出した巨大な実験施設
地球に似た惑星の中で、幾重にもパラレルワールドを作り出し、
「人が神になれるか」を試す。

パラレルワールド

様々な分岐を得た結果、世界が分裂し、全ての世界戦を同時進行する。

壱華
神様(詳細は不明)

観測者だった者。

カワセ、セドの信仰者でもあった彼は、

度重なる子孫の死に耐え切れず、真実を二人に語った。

イバラ

和雪が「社の子供を産みたい」と言う願望によって造られた世界

河瀬社、門廻和雪の両名は、
神界にいるカワセ、カズユキの一部が転生した姿である。

また河瀬や、門廻が

  • カワセ、カズユキの子孫
  • 忍を生み出した

これらを自覚する場合、人が神になる事に等しいと考えられる。
その為、忍は彼等がこの行為を自覚しないように手を尽くして来た。
人間界に視察を繰り返したのはこれが目的であった。

和雪の想いによって生み出された子供
※和雪の腹から生まれた訳では無い。

幼少はカワセ、セドによって育てられた。

始祖
妖界を守護する役目

閻魔

イバラの住民を裁き、輪廻転生させる。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly