Return to site

微睡みに融ける

· Azalea

春の陽気は、人々を眠りの世界に誘う。
そしてこの家の中も例外ではなく、一人が寝転べば、また一人、また一人と眠っていく。

「春歌さんの手で撫でられるとすぐ寝ちゃうんだよなぁ」
春歌の後ろで横になり、暖かな体温を毛布代わりに重たい瞼を閉じる。
「寝ちゃってもいいよ」
薄い毛布を春輝にかけて、その頭をゆっくりと撫でる。
それに抵抗すること無く身を任せ、安定した寝息を立てる。
「おやすみ」
優しく微笑んで、寝ている彼をもう一度撫でた。

「寝たの?」
別室に居た秋羽が春輝の寝顔を見つめる。
「さっきね」
彼女は彼から視線を外し、次の行動を決めかねているようにも見えた。
「隣、おいで」
彼女は兄からの提案を素直に受ける。

春輝と同じ様に頭を撫でると、肩に寄りかかって
「私も、春輝みたいに寝ちゃいそうだわ」
「秋ちゃんも寝たらいいよ」
「私は…、……少しだけ、休もうかな」
春輝の隣で兄に頭を撫でて貰っている。
兄の体温が高いだけじゃなく、それが自分に移ったみたいに暖かくなっていく。夢心地の中、ふと兄さんの頭は誰が撫でるのだろうと考えた。

「兄さんは寝なくていいの?」
「僕は大丈夫 昔ね、母さんに撫でてもらってたんだ」
優しくて、強い母親。
「だから、今度は僕が皆を寝かしつける番!」
「じゃあ、今度は私に娘が出来たら、その子を寝かしつける番なのね」

言葉にしなくても温かさは人から人へと伝わっていく。
何もかも、微睡みに解けて逝(ゆ)く。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly